リポドリンはいつ飲むのがいいのか、飲んではいけない時間帯は?

こんにちは、ダイエットに悩む30代の乙女(30歳過ぎても心はいつまでも乙女!!)ケイと申します!

色々自分でできる運動なども試してみましたが、最近効果が全く出てこなくなりました…( ;)

そんな私が今回意を決し『リポドリン』というダイエット製品について調べてみます

一通りネットで評価を見ていても、そこそこ効果を感じている人が多いこちらのサプリメント

使ってみたい気持ちはすごくあります!

でも、サプリメント系って口に入れるものだしちゃんと調べてからじゃないと一歩踏み出せませんよね

今回は『リポドリン』の服用タイミングと、飲んではいけない時間帯について調べていきたいと思います!

リポドリンとは?

そもそも、リポドリンって何??

って思う方もいますよね!

CMとかで大きく宣伝している物なら名前くらいははわかるけどそれ以外は正直さっぱり。

その気持ち、わかります!(むしろ私、CMで名前見ても次の日には忘れてます!)

なので軽くリポドリンについて説明をしていこうと思います。

『リポドリン』とは、アメリカで人気のダイエットサプリで、主に脂肪を燃焼する効果と食欲を抑える効果が挙げられています。

お腹まわりやお尻、太ももなど脂肪が付きやすい困った部分の悩みを抱えている方向けの製品です(*’ω’*)

リポドリンを効果的に使うためのタイミングは?

リポドリンの販売ページにも

『栄養補助食品として、朝12粒、昼食後に1粒を目安にお召し上がりください。』

14粒以上の摂取はしないでください。』

とあるように、リポドリンを効果的に使用するためのタイミングとして最適なのは『朝食後と昼食後の摂取』が最も効果的なようです。

飲むタイミングや飲み方についての口コミ

では、実際に寄せられているリポドリンの口コミの中から『飲むタイミング・飲み方』について書かれている物を集めてみましたので見ていきましょう。

20代女性

『リポドリン』は1錠分の大きさが結構大きいです。

あと1錠だけでも飲んだ後の吐き気がきついです。

実際に吐くまでは至りませんでしたが、つわりのような状態が続き食欲が落ちました。

40代女性

体調に合わせて『リポドリン』の飲む量を半錠に割るなどの工夫をして変えています。

皆さんも割と感じているようですが、動悸を感じます。ですが私の場合はやる気が出てテンションがあがるような感じです。

食欲はなくなりますが、個人的にはダイエット目的よりも食べ過ぎ防止のために使用しています。

と個人差はあるようですが、1錠飲んだ際の食欲抑制の効果はそこそこありそうです。

逆に食欲がなくなる効果が強く出すぎる人もいるようでそこで挫折してしまい人もいるようですね。

リポドリンを飲む際の注意点

食欲抑制効果の強くでる『リポドリン』ですが、効果が強めの米国の製品なので、飲む際に気を付けたいことがいくつかあります。

皆さんが気になりそうなものを数点に分けてご説明していきますね!

飲んではいけない時間帯

販売ページの説明文でも『夜の時間帯での摂取』の記載がないように、夜にリポドリンを飲むことは推奨されていません。

むしろなるべく避けた方が無難です。

理由としては、リポドリンを飲んだ際に寝つきが悪くなることがあるからです。

その原因としては、リポドリンに含まれているカフェインの覚醒作用と、リポドリンを構築する主要成分の一つであるエフェドラに含まれる興奮作用があげられます。

夜に飲むのは勿論おススメできませんし、できれば昼の服用も夕方にかからない早い時間帯の方がよいと思います。

お昼に飲んでも眠れない、夜の睡眠が上手くいかない場合などにはお昼に飲む量を半分にするかもしくは朝だけにしてみるのも手かと思います。

飲み合わせの注意が必要なもの

リポドリンを服用する際は『アルコール』と『カフェイン』を一緒に摂取することは絶対にダメです。

この二つと、リポドリンに含まれている成分はかなり相性が悪く、特にアルコールは泥酔や悪酔いの原因になってしまう場合があるため注意が必要です。リポドリンの副作用が助長されてしまいます。

また、他の薬との飲み合わせでも注意が必要なものが数点あり、『シネフリン』や『カフェイン』成分が含まれている薬や、『糖尿病』『高血圧』『心臓・肝臓・腎臓・甲状腺疾患』『精神疾患』『てんかん』などの症状のための薬との飲み合わせは危険なので、持病などで服用中の薬がある場合は専門医に必ず聞いてから服用をしてください。

リポドリンを飲んではいけない人

飲むタイミング・飲み方や飲み合わせにも注意が必要ですが、医薬品なので飲んではいけない人もいます。

医薬品全般に言われることですが、妊娠中や妊娠の可能性がある人、授乳中のお母さんは飲んではいけません。

脳に作用する成分が含まれているので、新生児までの赤ちゃんに影響する可能性が高いためです。

また上で列挙している『糖尿病』を始めとした症状がある場合や、それらの薬を飲んでいる場合は担当の医師への相談が必須となります。

リポドリンは効果も出ますが、口コミにもあるように副作用もあります。そのため体調が悪い、元々身体が弱い方はより慎重に対策をとった方がいいでしょう。

おすすめの飲み方は?

散々、注意点を上げてきてしまったので心配をしている方も多いと思いますが、副作用があるという事はしっかり効果もあるという事。

なので適切な距離感で様子を見ながら、自分に合った服用方法をとっていけばよいと私は考えます。

幸いにも既にリピートしている方たちがいくつか方法を編み出しているので不安な方はそちらを参考にしながらチャレンジしていきましょう!

対応策としては以下の4つです。

  1. 一日一錠から
  2. 最初はお休みの日の昼に
  3. 半錠にして飲む(4分の1という人も)
  4. 期間を決めて効果や体調をみる

販売ページの基本的な飲み方としては『13錠まで』という事ですが、いきなりそのペースで飲むと体質によっては副作用が強く出てしまう可能性が考えられます。

そのためまずは11錠から。オススメは夜に影響も出にくい朝の時間か昼も早めの時間帯がいいかと思います。

またお仕事をされている方は動悸や興奮により寝不足など、翌日に影響が出てしまう可能性が考えられるので最初の服用は休みの前の昼までの時間がおススメです。

1錠だけでも副作用が強いと感じる人もいるようなので、まずはピルカッターなどで半錠に割って様子を見ながら飲むのがおススメです。

人によっては4分の1錠から始めたという人もいますので、自分の体調に合わせて様子を見てください。

やはり体調・効果は人ぞれぞれなのでこれが一番大事だと思いますがある程度の期間を決めてご自身の効果や体調をみながら制限内で量の調整をする・時間を変えるなどの工夫をしていくことを心掛けていただければ幸いです

飲むタイミングに気を付けて、リポドリンで快適なダイエット生活を!

以上、リポドリンの服用の上での注意点や効果的なタイミング・飲み方に重きを置いてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

副作用も効果も個人差があるものですし、同じ人間でも時期や環境によっても大きく変わっていくのが体調です。

そんな中でも自分の『こうありたい』という理想に向かって努力していきたいですよね。

なので自身の性質・体調・その時のコンディションなど本人でしか分からない部分は自分でコントロールしていき、上手に食欲を抑えながら理想的な体形に向けてのダイエット生活を送っていってほしいなと、同じくダイエットの試みる筆者のケイは強く思っております!

目指せ!理想の美しい私へ!(`・ω´)